業務スーパーの近くに引っ越してきた主婦がおすすめの業務スーパーアイテムを紹介するブログ

業務スーパーラブ

冷凍食品 弁当

【業務スーパー】業務用ミートコロッケ(冷凍食品)のレビュー

投稿日:2018年9月23日 更新日:

 業務スーパーの冷凍コロッケです。揚げ調理済みではないので、ご自宅等で油で揚げる必要があります。

ミートコロッケ(冷凍食品)の基本情報

ミートコロッケ(冷凍食品)のJAN

4942355601623

ミートコロッケ(冷凍食品)の価格

185円(2018年6月現在)

ミートコロッケ(冷凍食品)の容量

600g 10個入り

ミートコロッケ(冷凍食品)の製造者

株式会社神戸物産(※販売者)

ミートコロッケ(冷凍食品)の成分等



 野菜(ばれいしょ(国産)、たまねぎ)、牛肉、砂糖、乾燥マッシュポテト、しょうゆ、粒状植物性たん白、マーガリン、香辛料、食塩、衣(パン粉、小麦粉、コーンスターチ)、調味料(アミノ酸等)、着色料(カラメル、カロチノイド)、香料、(原材料の一部に乳製分を含む)
衣の率:40%

スポンサーリンク




ミートコロッケ(冷凍食品)購入のきっかけ

 主人と業務スーパーの冷凍食品を見ているときに見つけたのが冷凍コロッケでした。激安で、夕飯も楽に作れそうだと思い、購入しました。

ミートコロッケ(冷凍食品)のお気に入りポイント

激安


 10個入りで200円以下なので、1個あたり20円以下。この値段は他のスーパーマーケットでは見たことがありません。
 サイズは小ぶりなので大人の夕食用なら1人分で2個は必要だとは思いますが、それでも40円程度で済みますから、お買い得だと思います。下手をすれば、自宅で1から作るよりも安くなるかもしれません。

味もいい


 家で揚げていることもありますが、揚げたてのコロッケは美味しいです。

小ぶりなので揚げやすい



 写真のように、このコロッケは10cm以下(8cm程度)なので、小ぶりです。このため、揚げやすいです。
 ただ、小ぶりなので主人は1つでは物足りず、2つ揚げることが多いです。

ミートコロッケ(冷凍食品)の気になるところ

原材料は細々と気になる…


 気になる点といえば、原材料。コロッケ、しかも揚げる前なのに着色料をわざわざ使っていたり、粒状植物性たん白(かさ増し)などが使われている点でしょうか。それでも、ここまで安くて美味しく食べられるのであれば、「ま、しょうがないかな…」と思ってしまうかもしれません。

ミートコロッケ(冷凍食品)の使い方


夕食用に


 我が家の場合、同じく業務スーパーで購入した油を使って揚げて、同じく業務スーパーのロースカツと一緒に食卓に出すことが多いです。
 また、同じく業務スーパーの千切りキャベツを一緒に出すこともあります。これでも1食200円以下になると思います。

コロッケバーガーやお弁当用に


 我が家の場合、前日にコロッケを揚げたついでに1つ余計に揚げておいて、翌日のお弁当に入れることもあります。
 また、バンズや食パンに挟んで「コロッケバーガー」にすることもできます。

ミートコロッケ(冷凍食品)の関連情報







-冷凍食品, 弁当
-, , , ,

Copyright© 業務スーパーラブ , 2018 All Rights Reserved.