業務スーパーの近くに引っ越してきた主婦がおすすめの業務スーパーアイテムを紹介するブログ

業務スーパーラブ

冷凍食品 弁当

【業務スーパー】豚ミンチ 冷凍食肉(冷凍ひき肉)のレビュー

投稿日:2018年8月20日 更新日:

 業務スーパーで売られている冷凍のひき肉です。

豚ミンチの基本情報

豚ミンチのJAN

4942108001519

豚ミンチの価格

275円(2018年7月現在)

豚ミンチの容量

400g

豚ミンチの製造者

源気山畜産株式会社

豚ミンチの成分等


 豚肉(メキシコ)、豚脂(国産)

スポンサーリンク




豚ミンチ購入のきっかけ

 主人のお弁当は今まで「それなり」に作っていました。毎日梅干し(日の丸弁当+おかず)海苔弁だったのですが、「もっとバリエーションを増やせれば…」と考えていました。
 業務スーパーの近くに引っ越してきてこのひき肉を発見。冷凍であれば日持ちもするということで、ひき肉を購入することにしました。

豚ミンチのお気に入りポイント

冷凍なのにほぐれやすい



 スーパーで購入したひき肉を冷凍させると、塊で凍ってしまいます。そのため、使う分に分けて冷凍する必要がありました。
 しかし、この業務スーパーのひき肉は「バラ凍結」でポロポロ分かれるので、好きな分量だけ取り出して使うことができます。我が家のように、お弁当用のひき肉(二色丼・三色丼用)として使うのであればぴったりです。
 また、ほぐれやすいので麻婆豆腐など、ほぐれたひき肉を使う料理には最適でしょう。

値段はそこそこ安い


 値段は400gで275円程度なので、100g70円以下となります。スーパーのタイムセールなどの激安ひき肉と同等か、それよりも安いくらいだと思います。
 元々バラ凍結で使いやすいという点を見ても、「買い」な商品だと思います。

豚ミンチの気になるところ

油が多い


 このひき肉を解凍させながら焼くと、かなりの油が出てきます。お弁当用の「そぼろ」という、少量の肉を炒めただけでもペーパータオル1枚は使います。油を吸い取らせないとかなり脂っぽい料理になってしまいます。

豚ミンチの使い方


そぼろとして


 市販の「そぼろ」として瓶詰めで売られている商品だと、一度開封すると消費期限が短かったり、案外量が入っていなかったりというデメリットがあります。
 業務スーパーのひき肉は鶏肉ではありませんが、お弁当用のそぼろとしては十分でしょう。
 我が家の場合、同じく業務スーパーの「焼き鳥のたれ」を使って味を付けています。

豚ミンチの関連情報







-冷凍食品, 弁当
-, , , , , , , , , ,

Copyright© 業務スーパーラブ , 2018 All Rights Reserved.